» 独学のブログ記事

社会保険労務士の合格率は大体10パーセントくらいです。
もちろんすべての人が良く勉強をした上での合格率ですのでかなり難易度の高い試験になります。
ですので多くの方は社会保険労務士に合格するために予備校に通ったりスクールにかよったりするのです。
それでは独学では合格できないのでしょうか。
可能性としてはできないことはありません。実際にスクールなどに通うことなく独学だけで合格した方も実際にいらっしゃるからです。
しかし並大抵の努力ではできない、また一度の受験だけで合格できるものだと思わないようにしてください。
社会保険労務士の試験のむずかしさは出題範囲の広さにあります。ですのでコツコツと独学でも知識を広げていけば合格できないことはないのです。
仕事をしながらですと勉強をする時間がかかなり少なくなるのですが、時間をかけて勉強をすれば知識は蓄積されます。
あと、当たり前のことですが独学で勉強をする上出一番重要になるのがモチベーションなのです。
スクールなどに通っている場合にはスクールの授業料を支払っていますので絶対に合格しなければいけないというプレッシャーを感じることができます。
しかし一人で勉強をする場合にはそれほどお金がかからないために合格をしなくてもそれほど損がないためにモチベーションを持ちにくいのです。
また一人で勉強をするからこそライバルとなる人もいませんし励ましあう仲間もいませんのでモチベーションをアップしにくくなります。
しかしこれはその人の強い意志によって作れるのです。気持ちと努力で勝負してください。