社会保険労務士とはどのような仕事をするのかを見ていきましょう。

社会保険労務士とは労働関連法令や社会保障法令に基づいた書類の作成などを行う仕事になります。


具体的には3つの仕事に分けられていて、
1つ目は労働社会保険諸法令に基づく書類の作成と提出の代行を行う1号業務で、
健康保険や雇用保険、労働保険などの加入や給付の手続きを代行してくれる業務になります。


例えば会社に新たに社員が入社した際には雇用保険資格取得届というものを
公共職業安定所に提出しなくてはなりません。


この提出を代行してくれるのが社会保険労務士になります。


2つ目が労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成を行う業務を2号業務といい、
1号業務は提出の代行を行う業務ですが、
この時に賃金台帳や出勤簿などが必要になった場合の作成など行ったりする業務になります。


3つ目が人事や労務などに関するコンサルティングを行う業務の3号業務になります。


これは企業内の教育や人事の配置、資金管理などを行う行になります。


この3つの内、最初の2つの業務の1号業務と2号業務に関しましては
社会保険労務士だけが行うことのできる専門業務となります。


コンサルティングに関しましては資格がなくても行うことができます。

しかし会社側がコンサルティングを依頼する場合にも、この資格を持った方に依頼するのが一般的です。


この資格は国家資格になり年に1回行われる試験に合格し、尚且つ2年以上の実務経験を有する方にのみに与えられる資格になります。