社会保険労務士略して社労士とよく呼ばれますが、
この社労士資格を持つ人は年金に関するプロフェッショナルとして、
また企業などにおける労働安全衛生法や労働安全衛生規則などの
労働関連法令や社会保障関係法令に基づいた関係書類等の作成代行等を
企業などに代わって行うことを主とする業務を行うことができることになります。


また企業などに対して助言を行っていきますが具体的には、
企業を経営して行く上での労務管理特に最近では名ばかり管理者などの
問題や社会保険これには健康保険や厚生年金なども含んで
それらに関する相談や助言、指導を行うことが主な業務になります。


最近ではこの社会保険労務士に個人の人が相談に行く場合もあります。


特に年金については老齢年金ばかりがクローズアップされがちですが、
若い人でも病気や怪我などによって障害年金の請求ができますので、
その代行申請を受け持つ社労士も大勢います。


この障害年金は集める書類が膨大になる代わりに、
支給される場合もあれば支給されない場合もあるなど、
その取扱いがあいまいな点もよく非難されるところです。


病名では決定されず日常生活や就労ができるかどうかなども
確認されるため、個人で申請をしてもなかなか難しいために、
この障害年金を特に専門的に取り扱う社労士に依頼することで、
書類の不備がないかどうかやあるいは支給の条件を満たしているかどうかを
しっかりと把握するとともに、必要な助言をしてもらうために依頼することがあります。

通信教育で社会保険労務士に合格するにはこちら